ビフィズス菌と乳酸菌の違いは何?

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは何?

 

当サイトでも何回か触れているビフィズス菌と乳酸菌。同じようなイメージのある二つですが、どういったちがいがあるのかについてお伝えしたいと思います。

 

乳酸菌とは?

乳酸菌は牛乳や乳製品、乳酸菌飲料など発酵食品多くいる菌で乳酸を生成します。

 

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は体内に多く住んでいる人間にとって有用な菌で棒状、分岐した棒状のような形をしています。このビフィズス菌は腸内に1兆~10兆個おり、乳酸菌とは100~1万倍の差があります。ビフィズス菌が作り出すのは乳酸および酢酸、ビタミンB群、葉酸を作り出すなど、乳酸菌に比べても腸内の善玉菌としてのチカラは強いとも言えます。

 

乳酸菌とビフィズス菌は違う?

前述のとおり乳酸菌は乳酸しか代謝しないのに対し、ビフィズス菌は酢酸やビタミンなどを生み出すことから違うものであることがわかるかと思います。

 

ならビフィズス菌だけ摂ればいい?

こういうとビフィズス菌だけ取ればいいんじゃないか、乳酸菌はいらないんじゃないかという印象を受けるかと思いますが、それは違います。腸内は大きく分けて小腸と大腸があるわけですが、小腸には乳酸菌が多く、大腸にはビフィズス菌が多く生息しています。ですので、生きて腸まで届く乳酸菌などを摂取することで腸内の乳酸菌の量を増やすことができるのです。さらに加齢によりこの両方の菌は減少してしまう傾向にあるため、なおさら摂取の必要性は高まります。

 

生きて腸まで届く乳酸菌は必要ない?

よく生きて腸まで届くは意味がない、死菌でも効果があるからいらないという記事を目にしますが、生きて腸まで届くということがデメリットであるわけではありません。別の言い方をするならば、

 

「死菌でも効果あるけど、でも生きていれば他の効果も期待できる」

 

といった程度の認識のほうが正確です。死菌に対するネガティブキャンぺーンのためだけに「生きて届く」を使っているわけではありません。

 

どれが効く?口コミで決めるサプリメントランキング

関連ページ

カルピスの乳酸菌はどんな効果がある?
カルピスの乳酸菌についてです。
プロポリスの効用とは?
プロポリスの効用とはなんでしょうか。
アトピーの多い国と少ない国の特徴
アトピーの多い国と少ない国の特徴についてです。