アトピーの多い国と少ない国の特徴

アトピーの多い国と少ない国の特徴

 

そもそもアトピーの原因は何?

アトピーの原因の多くはダニやカビが原因となることが多いです。また、家の中のハウスダストにはその原因がたっぷりと含まれています。ピティロスポルムという人間ならば誰でも持っているカビの一種(ふけなどの原因)もアトピーの原因と言われています。幼児の場合、食べ物でのアレルギー反応も多く見られます。卵をはじめ乳製品、小麦粉などアレルゲンは多くありますが、3歳を過ぎるとそういった症状も緩和されてきます。また、ストレスも大きな原因とされています。更にアトピー肌に強い洗剤など刺激の強いものを塗布することにより更にアトピー症状を加速させてしまうケースもあります。

 

アトピー改善のためにはこういったことに気を配る必要もあります。

 

ここで、タイトルのアトピーが多い国、少ない国の話になります。

 

実はアトピーは先進国に多く、発展途上国に少ないのです。

 

日本は先進国に該当しますのでアトピー患者は多いのですが、そもそもなぜそういった現状になるのでしょうか?先進諸国のほうが食べ物も豊かだし、医療も発達しているし、普通逆なんじゃないか?と思いますよね。その原因は先進諸国ならではの三つの原因が考えられます。

 

糖分、油分の食品添加物の過剰摂取

糖分と油分はアトピー性皮膚炎を悪化させる原因の一つで、先進諸国の美味しい食事の大体はこの二つが多く含まれています。逆に発展途上国ではそういった食事を取れることはまれになります。また、食品添加物が多く含まれているものも体にいいものはほぼありませんので摂取は控えましょう。

 

ハウスダストなどの空気汚染

アトピーの大きな原因の一つにホコリがあります。ハウスダストはアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性が高く、また、公害とまでは言いませんが、先進国は工場廃棄物にさらされる可能性も高くあります。中国の大気が汚れているニュースは大体の方が知っているかと思います。逆に発展途上国は自然と密着した生活を送っていることが多いため科学的な脅威にはさらされる機会が少なくなります。

 

運動不足とストレス増加

現代日本は大人になればなるほど運動をする機会は減ります。しかし、発展途上国では肉体労働が中心のため運動不足にはなりにくいといった違いがあります。また、子供にも受験や学校生活などストレスのかかる場面は多くなります。ストレスはお肌の大敵という慣用句の通り、アトピーとストレスにも密接な関係があるのです。

 

食事は気を付けるしかなく、環境に関しては自分でできる以上のことはできないため、サプリメントで免疫力を高めることが重要かと思います。

 

どれが効く?口コミで決めるサプリメントランキング

関連ページ

カルピスの乳酸菌はどんな効果がある?
カルピスの乳酸菌についてです。
プロポリスの効用とは?
プロポリスの効用とはなんでしょうか。
ビフィズス菌と乳酸菌の違いは何?
ビフィズス菌と乳酸菌の違いは何?